兵庫県尼崎市のさとう歯科

〒660-0081 兵庫県尼崎市昭和通8丁目286
歯周病の進行と症状
HOME
院長プロフィール
院内フォトツアー
当院のこだわり
4つの安心

ネット予約
 
for patients
  苦しくなったら…
  診療方針
  4つの安心
  -治療内容の説明
  -院内感染予防
  -歯科用レントゲン
  -個人情報の保護
  当院のこだわり

  むし歯を防ごう!!
  こんなに怖い歯周病

 
  前歯治療
  つめものによる治療
  かぶせもの治療
  入れ歯の製作

knowledge
  歯周病の進行と症状
  むし歯の進行
  フッ素の効果
  子供の歯のケア
 (1〜3歳)

携帯サイト
携帯サイト


こんなに怖い歯周病
歯周病とは写真のような「細菌」が引き起こす病気。歯は歯槽骨という骨に支えられていますが、歯周病菌と呼ばれる細菌がこの骨を溶かしていき、最終的には歯が抜けてしまいます。この歯周病には、皆さんが知らない様々なリスクがあります。

なぜむし歯になるの?

歯周病はいきなりかかるものではなく、長い期間をかけて少しずつ進んでいく病気です。

初期段階では自覚症状がなく、「歯周病かも」と気づくころには、かなり進行した状態になっていることが少なくありません。実に成人の80%以上が歯周病ともいわれています。



なぜむし歯になるの?
歯周病の進行
ほとんど自覚はありませんが、すでにたくさんの歯周病菌がお口の中に存在しています。少しずつ歯石ができはじめます。
さほど自覚はなく、疲れたときに、歯肉がはれたり多少出血する程度。しかし、歯の表面を中心に歯石がみられ、確実に進行し始めています。この歯石がバリアになり歯周病菌の繁殖をさらに加速させます。
出血する頻度も高くなり、慢性的に歯ぐきがはれたようになります。場合によっては、歯が少しぐらぐらするなど、確実に歯を支えている骨も溶けはじめています。歯石は歯の表面だけでなく歯ぐきの中にもついています。
物を食べると歯が痛むまでに進行しています。左右だけでなく上下にも歯が動き出します。歯を支える骨もかなり溶けてしまっており膿が出ることも。こうなると歯を抜かなくてはならないことも少なくありません。


上へ

Copyright (C) 2015 さとう歯科. All Rights Reserved


トップページへ